2008年01月16日

インテル(INTC)決算速報

インテル(INTC)決算速報

1月15日

森  崇

インテルは1月15日引け後に決算発表を実施。

第4四半期(10‐12月期)実績
○売上高…107億ドル(105億ドル〜111億ドルがガイダンス、コンセンサス予想は108億ドル)
○粗利率…58%(57%±数ポイントがガイダンス、コンセンサス予想は58%)
○一部項目控除後の一株当たり利益…0.38ドル(0.37ドルがガイダンス、コンセンサス予想は0.40ドル)

第1四半期(1‐3月期)のガイダンス
○売上高…94億ドル〜100億ドル(コンセンサス予想は101億ドル)
○粗利率…56%±数ポイント

2008年通期ベースのガイダンス
○設備投資額…52%±2億ドル               
○粗利率…57%±数ポイント
○研究開発費…59億ドル

(会社側の発表)
●新製品、PC向け製品の売上が好調だった。
●2008年も好調な売上が期待される。
●在庫レベルは予想よりも低い。

私見
第4四半期の粗利率は予想通りだったが、売上高が予想を下回った。また、続く第1四半期のガイダンスが悪かった。景気悪化の影響を明らかに受けている。
株価はOTC取引で3ドル(本日引け値22.69ドル)程度下落している。

chart0801116_1.jpg

次の注目は3月5日のアナリスト・デイである。
=以上=
posted by mori at 08:41 | TrackBack(0) | 決算速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。