2008年01月15日

ジェネンテック(DNA)決算速報

ジェネンテック(DNA)決算速報

1月14日

森 崇

第4四半期(10−12月期)実績
○売上高・・・29億 7,000 万ドル(コンセンサス29億3,687万ドル)
○1株当たり利益・・・0.69ドル(コンセンサス0.68ドル)

2008年通期予想
○1株当たり利益…3.30ドル〜3.45ドル(コンセンサス予想3.35ドル)

(主力薬売上高推移)
  同社Big 4薬品の売上高
● アバスチン…6億300万ドル(23%増)
● リツキサン…5億万9,600ドル(6%増)
● ハーセプチン…3億2,700万ドル(2%増)
● ルーセンティス…1億9,700万ドル(9%減)

以下の黄棒グラフは第3四半期主力薬売上高予想である。

chart0801115_2.jpg


(会社側コメント)
○ルーセンティスの売上が軟調だった。
○アバスチン、リツキサンの売上は好調だった。
○今後も新薬開発に力を入れていく予定である。


私見
売上高、利益とも予想を上回った。しかし、アバスチン、リツキサン、ハーセプチン等の主力薬売上高が軒並み予想を下回ったことから、引け後のOTC取引にて、同社株は、本日引け値比で1ドル強下落。最近、主力薬の売上が伸び悩んでいる。ジェネンテック株は65ドル・レベルでフロアーを形勢し始めたが、しばらく底練りの動きか。


(ジェネンテック株1年間チャート)
chart0801115_3.jpg


=以上=
posted by mori at 09:31 | TrackBack(0) | 決算速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/78580852

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。