2007年06月29日

モンサント(MON)の決算(要旨、私見)速報!

モンサント(MON)の決算(要旨、私見)速報!

6月28日

森  崇


第3四半期(3‐5月期)実績
○売上高…28億4,000万ドル(コンセンサス予想27億4,200万ドル)
○1株当たり利益…1.93ドル(コンセンサス予想1.00ドル)

2007年通期(2007年8月)予想
○1株当たり利益(一部項目除く)…1.75ドル〜1.80ドル(これまでの会社側予 
                 想1.60ドル〜1.65ドルより上方修正。コン
                 センサス予想1.82ドル)

(会社側コメント)
○米国内のトウモロコシ作付け面積予想9,000万エーカー(当初は8,000万エーカ 
ー)。
○2008年はトウモロコシ種子価格の値上げを予定している。
○2008年の粗利率は50%を見込む。
○2010年の粗利率は52%〜54%を見込む(当初51%〜53%からの上方修正)。



私見
遺伝子組み換え(GM)穀物開発最大手 のモンサントが28日発表した2007年3−5月(第3四半期)決算は、前年同期比71%の増益だった。エタノールや飼料の需要増が寄与。トウモロコシ種子の売上高は77%増の8億9100万ドル、利益は5億3000万ドルと、前年同期の2500万ドルから21倍と大幅に増加した。
既にガイダンスの上方修正済みであるが、同社得意の種子事業の強さを遺憾なく発揮した形だ。とうもろこしは、エタノール需要の恩恵も享受しており、強い需
要に支えられている。モンサントの遺伝子組み換え種子は、農薬にも耐性を持っ
ており、おまけに旱魃にも強い。

(モンサント株価チャート1年間<茶線:100日移動平均線、青線:200日移動平均線>)

MON_chart070629.jpg
posted by mori at 09:19 | TrackBack(0) | 決算速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。