2009年02月07日

サン・パワー(SPWRA)に好材料

サン・パワー(SPWRA)に好材料

2月4日

森  崇


バロンズ電子版が2月4日、以下の通り報じた。
   (要旨)
★太陽光発電関連企業の中には、しっかり根ざしたものが現れ始めた。サンパワーは、世界中で最も高性能のソラー・パネルを製造しているが、夜明けを迎えつつあるようだ。
★先週、サンパワーは、予想を上回る好決算を発表したが、この環境下、同社が生き残り組に属し、尚且つ今後成長企業になりうるとの証拠を示した。
★更に、同社は、2009年度通期ベースのEPSガイダンスとして2.20ドル‐2.80ドルを提示したが、これは達成可能と見られる。


第4四半期(10‐12月期)実績
○売上高…4億100万ドル(コンセンサス予想は3億9,746万ドル)
○1株当たり利益(一部項目を除いたベース)…0.70ドル(コンセンサス予想は0.60ドル)


2009年度通期予想
○売上高…16億-20億ドル(コンセンサス予想は18億7400万ドル)
○1株当たり利益(一部項目を除いたベース)…2.20ドル‐2.80ドル(コンセンサス予想は2.63ドル)
○設備投資額…3億5000万ドル〜4億ドル

clip_20090208_09.JPG

=以上=
posted by mori at 14:06 | TrackBack(0) | 個別銘柄 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113834600

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。